上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

お疲れ様です。冬麻です。

さてさて、今回お話したいなーと思っているのは、
車に乗る仮面ライダーでお馴染み、現在絶賛放映中の仮面ライダー、
「仮面ライダードライブ」東映公式サイト)でございます。

放映から間もなく一年が経ち、月日が流れるのは早いものですね。

driveposter

放映開始からもうかなりの時間が経過し、すでに「バイクに乗らず、車に乗る仮面ライダー」であり「それって仮面ドライバーでは?」というツッコミもひとしきりされつくした昨今(本当か?)。皆さん、スポーツ紙等々での「バイクに乗らない」という超衝撃的報道から日が経ち、「車にしか乗らない」という事実に世間も慣れて来ているようにもみえます。事実、ぼくもすっかり慣れました、ええ(苦笑)

先に言っておくと、今回の記事は「バイクに乗らない」事に対し、ちょっと苦言を申す系です。
そうです。
苦言を申す系男子です!
……面白くないことを言いましたごめんなさい。

ええとですね、本題に入る前にお伝えしておきたいこととして。
ぼくはまず「昭和ライダー原理主義者」ではないということ。
いま、この人たちがどれくらいいるのかわかりませんが、
「バイクに乗って改造人間でなければライダーと認めん!」「素手<徒手空拳>万歳!」
と、言った方々が、クウガ、アギト、龍騎といった平成ライダー黎明期にはいたのです。
そしてかなり大きな声を張り上げていたのです。
彼らの存在の良し悪しをここで語るつもりはございません。かつて好きだったものを、好きな理由を大きな声で言っているのです。良い心意気ではないですか。そういったファン同士のぶつかり合いが、革命と保守の議論が、次世代のより良い作品創りに繋がっていくと思っているので(語られない作品ほど悲しいものはない)。
昭和ライダー原理主義者はいて当然。彼らを否定する気はぼくにはないのです。

彼らのような人が今もいたからこそ、こんな素敵な作品が、世に出たのではないかとも思いますしね。
新 仮面ライダーSPIRITS(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)新 仮面ライダーSPIRITS(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
(2009/11/17)
村枝 賢一

商品詳細を見る

※村枝さんが原理主義者という意味では決してございません、需要があった、という意味です。

ただ一点、この後のお話で大事なところは、「ぼくは彼らではない」すなわち「昭和ライダー原理主義者」ではないということ。

さてとアギト(謎のギャグ)
本題に入りますよ。

でも、ここまでの約45年間、かなりの変革を繰り返しながらも「バイクに乗る」というただ一点そこだけは守り抜いてきたアイデンティティではなかったのかと思うのです。
バッタではない、改造人間ではない、マフラーはしない、キックはしない、ベルトはつけない……。それでも、主役ライダーはバイクに乗るということだけは忘れてこなかった訳です!
あの響鬼さんも途中からバイクに乗り始めましたし、龍騎であってもバイクかどうかは怪しいですが二輪車金田のバイクもといライドシューターが用意されていた訳で(もっというと強化形態サバイブには必殺技としてのバイクが用意されていました)。

今後、集合作品が作られた時、彼だけトライドロンというのは…まあ、カッコいいと思いますが笑、少し寂しい気がしております。

なので、間もなく最終回ですが、このタイミングでドライブ専用のバイクが登場することを期待しています。まあ、可能性は低いですけど。そして、このタイミングで出てきたところで、複雑ですが……苦笑

ちなみに、ここまで主張を書いてきて難ですが、「仮面ライダードライブ」近年の平成ライダーの中で群を抜いて面白いです!笑
特に後半からの新章。仮面ライダーダブル同様の2話1エピソード完結感を持たせつつ、連続性を持たせたバランスは、とっても、とーっても、良いと思います!!
三条陸さんは偉いですね。やっぱり。

ということで、この主張は後年の忘備録となるよう、記した次第です!

それでは!

冬麻



スポンサーサイト
2015.08.21 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲


新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。祖父母の実家へ帰省中なので、携帯からの投稿で失礼いたします。

ということで、冬麻(とうま)です。
さてさて、本ブログも昨年末リニューアルと共に再開いたしました。
あくまで仕事や、他の趣味と並行しつつ自分のペースで更新していければと思っております。

内容としては、
・映画
・特撮
・アニメ
・マンガ
・サバゲー(エアガン)
・プラモ(ガンプラ)
あたりが主になってくるかと思います。

旧ブログで行っていた、小説等の執筆と、その掲載は、「可能ならやりたいけど…」といったステータスです。やりたいのですが、いままでやりっぱなしのまま未完になりがちでしたし…。
もしかすると、プロットや、あらすじだけ、とか。シナリオ(脚本)の形式にするとか。あくまで、やれそうな範囲内でやっていく「かも」しれないです(苦笑)

ということで、今年は2015年です。改めて考えると近未来みたいな年号ですよね。でも、今年は2015年。びっくりです。あちこちで言われている通り、バック・トゥ・ザ・フューチャー2で描かれた未来に追いついたわけです。驚き。それだけ時の流れはアッという間ということで。このブログをはじめた時、ぼくは16歳。いま今年24歳にらなるので、いかに時間というものが不可逆的で、流れいってしまうものかと思い知らされます…。だからこそ、1年1年を大切にしていきたい。(いずれ別途書ければとも思っているのですが)自分に課した抱負を達成し、より良い1年に出来ればとも思っております。

ということで、長くなりましたが、改めて、本年もどうぞ、冬麻と本ブログをよろしくお願いいたします。

冬麻




2015.01.02 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
【前置き】
いきなりですが「趣味は?」と聴かれれば、ぼくは「映画鑑賞」と答えます。
しかしながら。映画を観はじめるようになったのは、ここ1~2年なのですし、(最近気を遣うようになりましたが)観ているものに偏りがあるので、過去の「絶対押さえておくべき名作!」を押さえていなかったりします。
例えば、
「今夏、初めて『時計仕掛けのオレンジ』を観ました('◇')ゞ」
といったレベルなのです。
元々、「80~90年代のアクション映画がなんとなく好き」からの派生なので、所謂シネフィルと呼ばれるタイプではなく。なのでしっかりと映画を観ている方からは「お前!そんなことも知らないで映画鑑賞を趣味とかいうな!」と、怒られそうではあるのですが……。一応「映画鑑賞」が趣味と答える(準備をしている)人間として、忘備録的に今年観た映画の一覧&軽い感想を書いていこうと思います。

ルールとして、
①映画館で観た映画一覧
②ぼくが「映画館」で「今年」見た順番の一覧

※なので、公開日自体は昨年度のもの有(「ゼロ・グラビティ」の鑑賞タイミング遅っ。4月中旬って)。

閑話休題。
それでは、いざ、
Let it go‼
YouTbe

01:「大脱出」
02:「獣電戦隊キョウリュウジャーvsゴーバスターズ 恐竜大決戦」
03:「マイティー・ソー ダークワールド」
04:「キック・アス ジャスティスフォーエバー」
05:「DearGirlStorys The Movie2 ACE OF ASIA」
06:「ラッシュ プライドと友情」
08:「仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」
09:「アナと雪の女王」
10:「マチェーテ・キルズ」
11:「ゼロ・グラビティ」
12:「リベンジ・マッチ」
13:「LEGO ムービー」
14:「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!逆襲のロボとーちゃん」
15:「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」
16:「たまこラブストーリー」
17:「そらのおとしもの Final」
18:「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う」
19:「プリズナーズ」
20:「キカイダー REBOOT」
21:「X-MEN フューチャー&パスト」
22:「円卓」
23:「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」
24:「トランセンデンス」
25:「グランド・ブタペスト・ホテル」
26:「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
27:「GOZILLA」
28:「マレフィセント」
29:「劇場版 仮面ライダー鎧武」
30:「劇場版 獣電戦隊トッキュウジャー」
31:「思い出のマーニー」
32:「STAND BY ME ドラえもん」
33:「るろうに剣心 京都大火篇」
34:「トランスフォーマー ロストエイジ」
35:「TOKYO TRIBE」
36:「イン・ザ・ヒーロー」
37:「イン・トゥ・ザ・ストーム」
38:「るろうに剣心 伝説の最期篇」
39:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
40:「ジャジー・ボーイズ」
41:「泣く男」
42:「先生の日記」(東京国際映画祭)
43:「イコライザー」
44:「リアリティ」(東京国際映画祭)
45:「ノヴァ UFOを探して」(東京国際映画祭)
46:「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
47:「美女と野獣」
48:「サボタージュ」
49:「神の月」
50:「ザ・レイド GOKUDO」
51:「6才のボクが、大人になるまで」
52:「少年スピベット」
53:「フューリー」
54:「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」
56:「楽園追放」
57:「インターステラー」
58:「ゴーンガール」


58作品。諸事情で観ることができた未上映作品が1本あるので、実は59作品。

個人的ベスト
「LEGOムービー」
the-LEGO-MOVIE-poster.jpg

「トイストーリー」を越えた、「おもちゃとは?」のお話をみることができて、非常にグっときました。小さい頃ぼくがレゴで遊んでいたことも大きな要因ですね(苦笑)子供が出来たら見せたい1本です。映画好きの間では高評価なのですが、あまり世間では話題にならないところが悲しいですね(苦笑)

最高のエンターテインメント作品としては、
「エクスペンダブルズ3」「ガーディアンズオブギャラクシー」「キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー」が、あたりがGOODかと! 「イコライザー」も相当良いです!
痛快アクションエンターテインメントは観てて心地が良いです^^

忘れられない作品としては、
「ゼロ・グラビティ」「神の月」「泣く男」「6才のボクが大人になるまで」「インターステラ―」「ゴーンガール」
あたりになります。これらはたぶん絶対観たことを忘れない作品になると思います。
同時代に、映画館でリアルタイムで見ることが出来て良かったと思っております。「神の月」後、宮沢りえのことを考え続ける一週間とか(気持ち悪いですよね)、「ゴーンガール」を両親に挟まれながら見て(!)、両親はなフィクションとして仲良く映画について語り合っていて本当にこの家に生まれて良かったなと思った話とか、いろいろあるのですが割愛します。

もっと頑張ってほしかった作品
「大脱出」「仮面ライダー大戦」「キカイダーREBOOT」「イン・ザ・ヒーロー」「サボタージュ」
良いところはある、でも悪いところも沢山ある。企画や演者は悪くないけど脚本が最悪、などといった「おしい!」作品群。
特に「イン・ザ・ヒーロー」に関して触れておこうかと。
inhteheroposter.jpg
ぼくはこの映画に多大な期待を寄せていたこともあるので、非常に観ていて悔しかったのです。日本特撮を用いて「ロッキー」や「レスラー」のような話が展開されるとよかったのに……と。特に最後、あれだけ「ワンカット」の話をしていたのだから、そりゃあ観ている方は名作時代劇「切腹」のごとき長回しアクションを期待するじゃないですか!なのに、カットは割りまくりだわ、CGはむちゃくちゃ使うわで、非常にもったいなかった次第。脚本(演出?編集?)も似たようなシーンの連続で全然タイトにまとまってないの。やり方によっては、日本映画史、特撮史の垣根を越えて残っていく名作になったのでは?と思っているので超残念でなります。……頑張れ日本特撮!そして日本映画!

ちなみに一番許せなかったのは、
「そらのおとしもの the final」
あまり多くは語りませんが、TVシリーズがそれなりに好きだった身としては、
「こんな形で、完結させたッぽくしやがって」「金がないなら作らない方がいいのでは」と、怒り心頭を通り越し、若干呆れた次第です。 金とれないですよ、あれ。

さてさて。2014年も残りわずか。

って書こうと思っていたら、年を越しているではないかい(茶番)!!
……いや、気づいてはいたのですが。
ということで。

あ、あけましておめでとございます!

本当は各映画1本1本に短評など残したかったのですが割愛。
2015年も冬麻、そして本ブログをよろしくお願いいたします!

冬麻
2015.01.01 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
お疲れ様です。冬麻です。
自分に対しても定着を図るため、当ハンドルネームをばしばし発言していきたいと思います(2回目)。

さて、2014年も残すことろわずかでございますね……。

今年を振り返ってみて。
仕事に就いたことや、いろいろかなりのイベントがあり、人生の転換期だったのは間違いないのですが。

趣味やサブカル的な意味で、個人的に大きかったのは、
「サバイバルゲーム」、通称「サバゲー」を始めたことでしょう。

もともと、中学から10年来の友人(男)が、
「趣味が欲しい」と言いだしたのがきっかけでした。
どうやら職場の先輩に「チミチミ~、キミは趣味とかないのかね~、これから先、運動不足とかなりがちだからね~社会人は。今から何か始めとくよいいよ~、身体動かすヤツ」と言われたらしく。彼は何か始めようと思慮したのですが、インドアかつオタク気質(というかオタク)なので、運動系の趣味(フットサルとか)に腰を上げようとは思わなかったらしいのです。

そんなとき、ぼくがポロッと口にした「サバゲーってあるよね」。
この一言が、MGSが大好きな彼の心のエンジンに火をつけてしまったのです(by串田アキラ)。
そして、旅は道連れ世は情け。大したすったもんだもなく、ぼくもサバゲーを始めることに。
もともと好きな素養はあったので……。というか好きな素養しかなかった(爆)。

結果……。

sabage.png

これが、ぼくです(苦笑)

8月から始めたサバゲー。既にサバゲーフィールドに6回ほど足を運び、定例会に参加しております。

最近では「さばげぶ!」とか「シーキューブ」などといった、
サバゲーを題材にしたアニメも多くあるので、ご存じの方も多いかもしれませんが。

平たく言えば、BB弾が撃てるエアーガンで戦争ごっこをしあうゲームです。

gun

自分でもびっくりするくらいハマってまして(苦笑)
順調に装備を増やしております。

メインウェポンは、東京マルイの電動ガン「SIG S552シールズ」(東京マルイ公式サイト)。
ダットサイト、フォアグリップ、多連装マガジン3連結(!)のカスタムを施しております。

サブウェポンは、同じく東京マルイの電動ハンドガン「ベレッタM9A1」(東京マルイ公式サイト)。
ガンマニアとしては(いやそれほどのマニアではないのですが)、ブローバックしないところが玉に傷(苦笑)。
しかしサバゲーでは安定した性能を出してくれています。

振り返ってみれば、意外とお金を使っている……(爆)
しかし、後悔はしておりませぬ。

それは単純に楽しいからだけではなく。2人で始めたサバゲーでしたが、かつての高校演劇仲間、大学での劇団仲間にも声をかけ、7人編成の「チーム」を結成しております。
いやあね、いいですよ、「チーム」。
敵を倒したあとの「クリア!」
打ち込まれている状況下での「11時方向、バリケードの裏、2人!」
有利な時は、「特攻野郎Aチーム」もかくやといったワクワク感。ピンチの時は「ブラックホークダウン」おごとき絶望感(苦笑)。

この掛け合いはチームならではといったところ!

また、自チームないだけではなく他の参加者(もちろん初対面)との会話も楽しいのです。
敵味方関係なく会話が弾んだりして。この間も、「ホワイトハウス・ダウン」と、「エンド・オブ・ホワイトハウス」どっち派?という至極どうでもいい話で盛り上がりました(笑)
※ちなみにぼくは「ホワイトハウス・ダウン」派。チャニング・テイタム&ジェイミー・フォックスの方です。

終わった後、チームの仲間と飲むビールが旨い旨い。
良い趣味を我ながら見つけたな、と(笑)

わざわざ銃を買わなくても、ほとんどのフィールドで、
簡単に銃や装備のレンタルを行っているので、
興味を持たれた方は参加してみてはいかがかと。

それでは。
今後とも、冬麻、本ブログ、そしてサバゲーをよろしくお願いします(笑)


2014.12.30 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。